滞納履歴があるとキャッシングは厳しい?

滞納履歴があると即日キャッシングは厳しい?

キャッシングを利用しているとついうっかり返済を忘れてしまうことがあります。1度や2度のうっかり忘れならまだよいでしょうが、度重なったり延滞期間がながくなったりすると延滞記録として残ります。具体的には、信用情報に記録されることになります。信用情報機関にもよりますが、2~3か月以上の延滞ならば債務整理同様に金融事故として記録され、以後5年位は融資を受けたり、クレジットカードを作ることが難しくなります。
また、それより短い期間の滞納でも返済遅延記録として残ることがあります。これに記録された場合にも、金融事故とはなりませんが約2年間ほど記録が残ることになります。この場合にも、それ以降の審査では大きなデメリットになります。内容にもよりますが、審査に時間がかかったり、利用限度額が抑えられたり、即日融資が難しくなったりします。最悪、審査に通らないこともあるでしょう。返済のうっかり忘れには充分注意するとともに、もしも忘れた場合には、すぐに連絡を入れいつ支払うかを連絡しておきましょう。